ちくびをピンクにする方法・ニベアやオロナインは嘘!アットベリーを推奨

 

オロナインやニベアクリームで美白 嘘

 

ちくびをピンクにする方法と検索すると『ニベアクリームやオロナインを塗るいいよ』というようなことをほのめかす情報が出てきます。

 

 

しかし、散々私が実践した経験を元に言わせていただくと、どれも嘘と誤ったばかりばかりだということ。

 

 

今回はネットで頻繁に目にする情報が間違っている理由と、乳首をピンクにする方法でおすすめの美白クリームを合わせてご紹介していこうと思います。

 

 

頻繁にネットで目にするちくびをピンクにする方法

 

  • ニベアクリーム
  • オロナイン
  • ヨーグルト
  • 無料で自宅で出来るケア方法

 

 

ちくびの黒ずみを薄くする方法で有名なものやよく目にするケア方法は上記4つ。

 

 

しかし、どの方法を試しても乳首の黒ずみが薄くなることはないということを断言しておきます。

 

 

ニベアクリームやオロナインでちくびがピンクにならない理由

 

ニベアクリームやオロナイン・ヨーグルトには保湿する働きがあるのは確かで、この効果こそが乳首の黒ずみを白くできるといわれている理由であり由来です。

 

 

しかし、黒ずみケアは保湿だけでは不十分で、せいぜい黒ずんだちくびの表皮を柔らかくできるくらいです。

 

ちくびの黒ずみケアに必要不可欠なもの

 

  1. 古くなり溜まってしまった角質の除去。
  2. 美白ケア。
  3. 乾燥している肌の保湿。

 

 

オロナインやニベアクリーム、ヨーグルトは保湿という条件しか満たしておらず、いくら塗り続けても永久的に乳首の黒ずみが薄くなることないです。

 

 

乳首をピンクに戻すならアットベリーという美白クリームを推奨

 

ちくび 美白クリーム アットベリー

 

ちくびの色をピンク色に近づけるのであれば専用の美白クリームを塗布するのが一番いいです。

 

 

薬用アットベリージェルという美白専用クリームは保湿だけでなく、現状の黒ずみを悪化させない保護する働きや、肌の内側から新陳代謝を促し、新しいお肌細胞を生成してくれる働きがあるからです。

 

 

アットベリーは簡単に黒ずみを解消できる

 

薬用アットベリージェルには上記で紹介した働き以外にも、購入者限定特典でフルーツの滴ピール石鹸という、肌の角質を除去できるピーリング石鹸がおまけで受け取ることができます。

 

 

美白クリームと合わせてピーリングを行うことでより一層早く黒ずんだちくびをピンク色に近づけることができます。